上手に活用したいスカイマークの割引プラン

- 上手に活用したいスカイマークの割引プラン

上手に活用したいスカイマークの割引プラン

2017年12月25日 6:06 PM

スカイマークは、大手航空会社の航空券と比較すると、元々の普通運賃自体が安いのですが、さらに割引プランを活用する事で国内線がLCCの格安航空券並みの金額で購入する事が可能となります。
では、どのような割引プランがあるのか、紹介していきます。

スカイマークの「いま得」

航空会社の割引プランと言えば、早割プランが有名です。
早割プランは、早い時点で予約をする事で、割引率が大きくなりお得である事は否定しません。
ですが仕事の都合や旅行に一緒に行くメンバーの都合もあり、なかなか直前にならなければ予定が決定しない。
そんな人も少なくないでしょう。

そのため早割を活用出来ない人にこそ、オススメしたい割引プランがスカイマークの「いま得」なのです。
いま得なら、搭乗日の3日前、路線によっては前日まで予約をする事が可能です。
空席状況によって、価格がディスカウントするので、確実に空席があるという保証はありませんが、搭乗日の直前でもお得に航空券を購入出来るという点が魅力的だと言えるでしょう。

ではどれぐらいお得になるのかというと、福岡⇔那覇の普通運賃が18900円の場合、いま得だと4500円です。
半額どころか、3分の1以下の格安航空券をゲットできるかもしれないので、搭乗日ギリギリでも安く購入可能ないま得は必ずチェックする事をオススメします。

スカイマークの「早割プラン」

スカイマークでも、早めに予約をする事でお得になる早割プランを用意しています。
早割プランの内容は、「前割1」「前割3」の2種類です。
「前割1」だと発売開始日~1日前まで、「前割3」だと発売開始日~3日前まで予約受付が可能です。
早割プランの場合、普通運賃の6~7割安と、割引率が大きい点が魅力だと言えます。

またLCCなどは航空券の料金が安い分、キャンセル不可など融通が効きませんが、スカイマークは違います。
スカイマークの早割は、予約変更が可能なので、使い勝手がいいと言えます。
有効期限は支払日の翌日から270日間となっています。

早割は販売座席数に制限があります。
安いため、人気が高く繁忙期にはすぐに満席となってしまうので、販売開始直後に予約を申込むようにして下さい。

国内線でどの航空会社が1番安いのか?と言えば一概に答えを述べる事は出来ません。
なぜなら、割引プランの活用や時期、サービス内容によって答えが変わってくるからです。
そのため現時点で、どの航空会社のどの割引プランを選べばお得になるのか、調べて購入して下さい。

Copyright(C)2017 スカイマークってLCCなの?スカイマークに格安で乗れる理由とは? All Rights Reserved.