ただ航空券が安いだけではないスカイマークの魅力について

- ただ航空券が安いだけではないスカイマークの魅力について

ただ航空券が安いだけではないスカイマークの魅力について

2017年12月25日 6:06 PM

近年は国内線にもLCCが次々と参入し、格安航空券の選択肢は増えています。
そんな中でスカイマークを利用するメリットとは、ただ航空券が安いだけではありません。
ではどのようなメリットがあるのか、いくつか紹介していきます。

路線の利便性の高さが魅力

LCCは確かに格安航空券を購入する事が出来ますが、路線数が少なかったり、空港の立地条件が悪くアクセスに時間がかかるなどのデメリットがあります。
ですがスカイマークの場合は、羽田空港、神戸空港、福岡空港、新千歳空港、那覇空港など、国内の大きな空港からも路線が展開し、現在26路線となっています。

この規模は、JALやANAを除けば、トップ水準の路線数を誇ると言えるでしょう。
つまりLCCよりもメジャーな路線が揃っているので、利便性の高さが魅力です。

それでいて普通運賃では、大手航空会社の半額以下で航空券を購入する事が可能ですし、割引プランも充実していて、早割プランからいま得プランまで、その時々の状況に合わせて、最もお得なプランを選ぶ事で、LCCの航空券の価格にも決して引けをとらない水準となっています。つまり大手航空会社のメリットと、LCCのメリットの両方を兼ね備えた航空会社だと言えるのではないでしょうか?

無料サービスでお得

LCCだと人件費をカットしているため、様々な無料サービスがカットされ、有料サービスとなっています。
ですがスカイマークの場合は、格安航空券を提供しながら、無料サービスを提供しています。
例えば、手荷物は20㎏までであれば、無料で預かってもらう事が可能です。
ちなみに機内持込手荷物のサイズ制限は10kgまでとなっています。

あと全ての座席の下にはコンセントがあります。
旅行中にスマホやデジカメの充電が切れてしまったら大変ですよね。
LCCにはコンセントがないので、これも嬉しいサービスだと言えるでしょう。

サービスとしては有料になりますが、軽食などの機内サービスも存在しています。
LCCでは機内サービスの料金はかなり割高な価格設定となっていますが、LCCに比べるとリーズナブルな価格設定になっていると言えるでしょう。

ソフトドリンクは1杯100円ですし、ビールやワインなどのアルコールドリンクは1杯300円で販売しています。
軽食も全て100円なので、普通にお店で購入するよりも安く、毛布の貸出や飴、おしぼりなどは無料で提供しています。
座席の幅も他のLCCと比べると、比較的ゆっくりと余裕がある作りなので、快適な空の旅を楽しむ事が出来るでしょう。

Copyright(C)2017 格安航空会社とは?スカイマークも安いけど格安航空会社に含まれる? All Rights Reserved.